HOME > 勝敗表の記述

勝敗表の記述

※各大会で多少の違いがありますから御参考程度に

個人戦(トーナメント)
団体戦

団体試合は、勝者の数によって団体の勝敗を決する。ただし、勝者が同数の場合は、得本数の多い方を勝ちとなる
なお、総本数が同数の場合は、 代表者戦によって勝敗を決する
不戦勝は2本勝ちと数える
反則2回(▲2つ)で相手に「反」を記載して一本とする
団体戦(リーグ戦)

団体試合のリーグ戦は、団体勝数の数によって団体の順位を決する。
ただし、勝数が同数の場合は、勝者数の多い方を勝ちとし、さらに勝者数が同数の場合は得本数の多い方を勝ちとなる
なお、総本数が同数の場合は、 代表者戦によって勝敗を決する